短期間の荷物保管が必要な場合

コンテナ

ミニ引越サービスセンター横浜支店では特に単身引越しで「退去日と入居日が空いてしまい短期間で良いから荷物保管をしてほしい」という要望があります。

 

通常トランクルームなどの倉庫を借りるとなると1ケ月単位で契約しなければいけないので、トータルでの横浜の引越し費用が高くなってしまいます。

 

このような場合は、まず横浜市の引越し業者に短期間の一時預かりが可能か問い合わせてみることが大切です。通常倉庫業を営む場合には免許が必要です。しかし預かりの期間が短期であれば、免許は必ずしも必要でありません。

 

自社のスペースに余裕がある業者であれば短期荷物の保管にも対応してくれるはずです。逆に短期であってもトランクルームなどの契約を求められる業者であれば、引越し費用の総額が高額になってしまうでしょう。

 

純粋な荷物の運搬料金以上に料金へ占める割合が高くなるので、横浜の引越しで短期間の荷物保管が必要な場合は保管費用の比較はとても大切です。さらに、最初の決まった期間だけでなく、もし保管期間が長引く場合の延長料も事前に確認しておけば万全です。

 

引越し業者に保管してもらうメリットはまだあります。

 

■トランクルームで荷物保管の場合
「積み作業」⇒「トランクルームまでの移動」⇒「トランクルームで降ろし作業」⇒「引越しセンターまでの移動」

 

■引越し業者で荷物保管
「積み作業」⇒「引越しセンターまでの移動」⇒「引越しセンターでの降ろし作業」

 

このように、トランクルームまでの移動を削減できるために、その場所によっては1時間以上の時短に繋がる場合があります。

 

この時短は保管荷物を届ける時にも効果を発揮するので、横浜市での引越し料金自体を安くできる可能性が高まります。

 

 

↓ミニ引越サービスセンターで横浜の引越しを安くしよう↓

短期間の荷物保管が必要な場合関連ページ

横浜市での新居がすぐ近くなら格安引越しができる?
横浜市の引越し先がすぐ近くってどうすれば格安でできるの?知ってないと損する引っ越し方法とは。
横浜の引っ越しの見積もりは一週間前でも間に合う?
横浜の引っ越しで見積もりを依頼するのが遅くなった。果たして一週間前でも間に合うのでしょうか?
効率的な梱包の進め方
引越しの梱包って間に合わない人が多いんです。効率的な梱包を知ることでそんな事態も防げます。
横浜市内の同じマンションの違う部屋に引っ越しする場合
横浜市内の引っ越し先が同じマンションなら料金も安くなりそうです。
夜遅くに引越しの見積もりをしてもらいたい
仕事が忙しい人の意外なニーズが夜遅くの引越しの見積もりです。忙しい人のために効率的な進め方をご紹介します。
横浜の引越しに役立つおすすめスポット
横浜の引越しが決まったらぜひ寄ってもらいたいおすすめスポットをご紹介します。